社  歴


・大正年間

	宮内文雄の祖父鷲沢新四郎により、大正中期に東京市(当時)にて総合器械製造の鷲沢製作所を設立。 

	宮内文雄は、鷲沢製作所に勤務。 



	東京市下谷区にて宮内文雄が歯科器械専業の宮内歯科器械製作所創立。 

    

・昭和 2年

	東京・足立区梅田に工場等を移転、拡張する。 

    

・昭和10年

	日本歯科器械工業組合が発足し、理事に選任される。 

    

・昭和13年

	宮内文雄が出征中に、被災し、工場等全焼。 

    

・戦時中

	妻富恵の実家(山梨県・市川大門町)に復員する。 

	山梨県三珠町にて、歯科器材商(小売業)宮内歯科器材店として再出発する。 

    

・昭和39年

	山梨県昭和町に土地購入、店舗を移転する。 

    

・昭和40年

	株式会社 宮内歯科器材店として法人化(資本金500万円)する。 

	代表取締役社長宮内文雄。 

    

・昭和49年

	宮内文雄が日本歯科用品商協同組合連合会副会長に就任する。 

    

・昭和50年

	甲府健康文化会館にて、創業50周年記念デンタルフェアーを開催する。 

    

・昭和51年

	長野県塩尻市に営業所を設置する。 

    

・昭和52年

	長野県長野市に営業所を設置する。 

	本社隣接地を取得し、店舗を新築する。資本金1,000万円に増資する。 

    

・昭和54年

	新築の平安閣(現在:アピオ)にてデンタルフェアーを開催する。 

	長野営業所を長野市高田川端に移転、新築する。 

	社員持株制度を導入する。 

    

・昭和56年

	宮内文雄 薬事功労により山梨県知事賞を受賞する。 

    

・昭和57年

	2月7日創業者宮内文雄死去し、代表取締役社長に宮内啓友が就任する。 

	隣接地を駐車場として取得する。 

    

・昭和59年

	石和町小松パブリックホールにて、デンタルフェアーを開催する。 

    

・昭和60年

	塩尻営業所を同市広丘高出に移転、新築する。 

    

・昭和61年

	創業60周年記念デンタルフェアーを山梨県歯科医師会館にて開催する。 

    

・昭和62年

	山梨県歯科医師会創立70周年記念式典にて感謝状を授与される。 

    

・平成 3年

	創業65年記念講演会を山梨県歯科衛生専門学校にて開催する。



	日本歯科医療管理学会秋季大会を山梨県歯科医師会館にて開催し、

	「インフォームド・コンセント」を歯科界に導入、学会長より感謝状を授与される。 

    

・平成 5年

	皇太子同妃殿下結婚祝賀式典に東京都知事より招待され参加する。 

    

・平成 7年

	創業70周年記念講演会を山梨県歯科衛生専門学校にて開催、記念誌 

	「歯科医院経営を考える:稲岡 勲著」を発刊する。 



	井出厚生大臣を招聘し、アピオにて「超高齢社会の医療と福祉」の講演会を開催する。 

    

・平成 8年

	山梨県歯科技工士会創立40周年記念式典にて感謝状を授与される。 

    

・平成 9年

	医療法改正に伴う医療機器の保守点検業務(マル適マーク)の認定許可番号 

	第1号を取得する。(第9702190001号) 

    

・平成11年

	「天皇陛下御即位10年を記念する国民祭典」日本商工会議所と国会議員 

	連盟主催による皇居前特設ステージに招待され、参加する。 

    

・平成12年

	日本商工会議所天皇陛下に捧げる各界奉祝委員会編纂・発行の「御即位十年を

	ことほぎて」に日本歯科用品商連盟宮内啓友が依頼され、祝意文を寄稿する。 

 

・平成13年

	社名を「株式会社ミヤウチ」にする。 

	創業75周年記念デンタルフェアーを山梨JA会館にて開催、

	記念誌「21世紀の歯科医院経営を考える:稲岡勲著」を発行する。 

    

・平成18年

	創業80周年記念講演会。 

	「21世紀の歯科医療における3次元診断の重要性と展望」を甲府市ロイヤルガーデン

	ホテルにて開催、記念誌「これからの歯科医院経営を考える:稲岡勲」を発行する。 

    

・平成20年

	日本歯科用品商協同組合連合会50周年記念にて厚生労働大臣表彰受賞。 

    

・平成21年

	日本歯科企業協議会 会長 (1期2年)

	日本歯科医療管理学会第50回記念総会(日本歯科医師会館)の学会誌巻頭言

	「歯科医療の臨・学・産の共同作業」を執筆。 



	指定卸売歯科用医薬品卸売販売業の省令化と共に全国10ヶ所にて説明講演会開催する。 

    

・平成23年

	日本歯科用品商協同組合連合会 会長 

	一般社団法人 日本歯科商工協会 副会長 



	創業85周年記念講演会「明るい未来のための意識改革〜患者さんから評価を受ける

	歯科医院つくりを目指す」を山梨県地場産業センターにて開催する。 



	創業85周年記念誌「変革の時代の歯科医院経営を考える」(稲岡 勲先生著)発刊する。 

    

・平成26年

	春の褒章にて、藍綬褒章受章する。 



・平成27年

	日本歯科医師会主催、世界初「健康寿命延伸のための歯科医療・口腔保健〜世界会議2015」

	の実行委員に任命され、東京国際フォーラムにて、世界15ヶ国各国役員等

	1,200名が参加、3日間開催、最終日に「東京宣言」を世界に向けて作成・発表される。 



	天皇皇后陛下主催による園遊会{赤坂御苑)に宮内啓友・知子夫人にて招待され、参加する。 

	創業90周年誌「転換期を迎えた歯科医療経営を考える」(稲岡薫先生著)発行する。